お仕事

月10万円稼ぎたい大学生が今すぐやるべき5つの事

2022年4月1日

こんにちは、はやしです(@hayashisan67

今回のトピックは【月10万円稼ぎたい大学生が今すぐするべき5つの事】

今大学生のあなたはこんな悩みを抱えているのではないでしょうか?

A子
やっぱり、大学生はたくさん友達とご飯行くからお金が足りんのよ…
B子
留学のお金貯めたいのに渡航日まで間に合わないなぁ~
C子
今月の生活費、仕送りだけじゃ間に合わない…!!

現に【お金の悩み】は大学生にはつきものです。

\今のバイト代に+α欲しい大学生必見!/

自分に合った副業を知りたい人はこちら

 

なぜあなたは月10万円を稼ぐことができないのか?

誰でも簡単に月100,000円を稼ぐことができるのに、それができない理由は主に2つ。

それは時給で働いていること。

時給で働くことが良くても、賃金が低いこと(特に地方学生)。

これを繰り返している限り月10万円を稼ぐことは難しいですし、できたとしても精神的、体力的、時間的にきついです。

時給で働いている限り、あなたの働いている時間に付けられた価値はあなたが働いた分しか増えません。

だから、時給900円でどれだけ頑張って週4、5時間で働いたとしても、あなたは72,000円しか稼ぐことができないのです。

はやしさん
週4で5時間働くってなかなか大変だし、授業やサークルのある学生はもっと時間が限られてしまうよね

そして、きっとあなたにも時間が無いはず。

そんなあなたがやってほしい5つの事が、

  • 長期インターンをする
  • ブログを始める
  • インスタグラムで発信活動
  • ライティングを始める
  • ノーコードでサービスを作る

なぜこの5つが良いのか。

今回はこの5つの方法を詳しくご紹介していきます。

長期インターンをする

1つ目におすすめなのが、長期インターンをすること。

インターンシップには主に2つあり、

一つが1日or数日で行われる無償の短期タイプ

もう一つが長期間でお金がもらえる長期タイプ

短期の1dayインターンシップなどは主に就職活動の一環として行われることが多いですが、反対に長期インターンシップはお金をもらいながら社会人の人に近い業務をさせてもらえます。

なぜ長期インターンが良いのか理由は3つ。

  • アルバイトよりも時給が高い場合が多いから。
  • リモートでできる場合が多いから。
  • スキルも一緒に身に付くから。

実際私も地方に住みながら東京の会社の長期インターンをやっていて、時給も1250円(業務委託ではある)で行っています。

はやしさん
琵琶湖県の最低賃金896円やで...?めちゃんこ低い(´・ω・`)

なのでいつも行っているバイトを週4×5時間を仮に1250円で雇ってくれるインターンシップ先に変えるだけで10万円突破します。

Wantedlyユアターンに大学生向けの長期インターンがたくさん募集されています。

ブログを始める

2つ目はブログを始めること。

ブログはすぐに結果が出ないと言われることが多いですが、ストック型の資産になるので、

記事をストックすればするほど上位表示されたときに大きな金額を稼ぐことができます。

はやしさん
実際私の知り合いの大学生は1年でサラリーマンの月収超えるぐらいブログで稼いでました

ちなみに私のこのブログがかなり毎月お世話になっております...(笑)

月1000円から始められるので、まだ始めていない人はこの機会にブログ始めてみて。

インスタグラムで発信活動

3つ目はInstagramで発信。

よく「大学生の暮らし」で発信活動している人をインスタグラム上で見かけますよね。

インスタグラムはフォロワーさんが1万人以上になると案件のDMがめっちゃ来るため、

情報発信してみたい!と考えている人は自分の得意分野をインスタグラムで発信してみてはいかがでしょうか?

はやしさん
ここだけの話、Twitterで有名インスタグラマーが収入などの裏事情をめっちゃ暴露してます…(笑)裏事情知りたい人はTwitterを覗いてみて

またA8.netを使ってブログのようにアフェリエイトをしたり、自分でセレクトショップなどのお店を作って運営していくのも一つの手です。

 

ライティングを始める

タイピングが得意な人はライティングを始めるのもおすすめ。

大体、一文字あたり0.5〜5円など単価は人によって様々で、1本あたり2000〜10,000円など、文字数や経験によって単価は変わってくるよ。

はやしさん
質の高い記事を書くライターさんや、執筆経験の長いライターさん、何かのジャンルに特化しているライターさんは単価も高め。

クラウドワークスクラウディアで仕事を獲得したり、直接メディアと契約してお仕事をもらう方法があるよ。

私の友達は1本5000円(文字数3000字〜)で引き受けている案件を2時間で終わらせているらしいので、実質時給は2500円ってことになるよね。

自分に合った副業を知りたい人はこちら

 

ノーコードでサービスを作る

最後はノーコードなどで自分のサービスを作る方法。

これはかなり上級者向けですが、プログラミングコードを学んでいない人でもノーコードツールであれば比較的ハードルは下がります。

おすすめのノーコードツールは無料でいろいろ作れちゃうBubble

ブログ以外の今まで紹介してきた手段は、ほとんどが企業に雇われる、もしくは企業から仕事をもらう方法ですが、

ブログやサービス開発などは、自分でお金を生み出す仕組みを作ることになります。

つまり、最初はなかなか収益が入らなくとも、だんだんサービスが大きくなったり、記事がたくさんの人に見てもらえるようになった瞬間、たくさん収益が発生する可能性があるということです。

はやしさん
私はブログだけではまだまだ目標金額に行かないので、色んなやり方を組み合わせて相乗効果を狙っています…!

今後起業したい人や、頼まれたものを作るよりも自分のアイデアを形にしたい人は、このサーイス開発やブログがおすすめです。

 

さいごに

全てに言えることですが、大切なのは継続すること。

継続することで、スキルや経験が溜まっていきます。

少しづつでも良いので、思い立った今始めてみてください。

まだ始めていない人に比べたら、今やろうとしているあなたが一番早いし、知らない人人よりもあなたの方がいろんな情報を得ている。

善は急げ!

時は金なり!

 

このブログはアフィンガー5を使用しています

  • この記事を書いた人

はやしさん

関西の大学生ブロガー イギリス留学予定! 女子大生だからこそ考えるキャリアの事や将来の事、大学のことから趣味の事まで。 お問い合わせは以下のフォーム、TwitterまたはInstagramへ

-お仕事