大学生活

突然起こるめまいや吐き気の恐怖…私が体験した迷走神経反射とは?症状と対処法

2020年9月14日

皆さんが生活している中で急にめまいが起こったり、
腹痛が起こったりする
ことありませんか?

家で起こるならまだしも、友達の家や電車の中で起こったら本当に大変ですよね。

食べすぎや、風邪を引いていたから…このような原因が分かっているとまだ安心できますが、

原因が分からないとめちゃくちゃ怖いですよね

実際私はこの症状が迷走神経反射だと5年間も知らないまま生きてきました…

今回は私を突然襲った迷走神経反射についてのお話です。

初めて迷走神経反射が起きたのは5年前

これが初めて起こったのは高校受験を控えた中学三年生の11月、初めて塾で1日過ごすとなった日でした。

これまで塾に行ったことがなかった&今まで夕方3時間だけの塾での学習に初めて土曜日に朝から夜まで勉強するという日だったんです。

いつもどおりに過ごし、お昼ご飯が提供されてみんなで食べたところまでは良かったんです。

これは今でも忘れません…。

急に胃かお腹か分からないんですがなんとも言えない違和感…

そこからだんだんと戻しそうな気持ち悪さと肩から力が抜ける感じの症状が起きました。

私は急いでトイレに駆け込み下からも上からも出そうな気持ち悪さが続き、視界が緑色になってぐるぐる回るんですよね。

本当に死ぬかと思いました。

最終的にトイレではなく流し台で嘔吐し、その日は家へ帰って1週間塾を休みました。

でも不思議なことにその日以降、塾で嘔吐することはありませんでした。

迷走神経反射とは何なのか?

迷走神経反射とは、基本的に、さまざまな生理的反応を引き起こす内臓反射の一つと言われています。

最近ようやく認知されてきた症状で、
私がこの原因について調べていた3~5年前はほとんどネット上にも情報がありませんでした。

この症状は強いストレスを受けたときや排せつ、
陣痛など様々な場面で自律神経系が不調を起こして、
心拍数や血圧が下がってしまい、脳に十分な血液が行かなくなってめまいや失神を起こしてしまいます

迷走神経反射の症状はいつ起こる?またその原因は?

私は基本的に電車屋内で起こることが多かったです。

頻度は年一回以上ぐらいです。
ということは1年に一回電車や屋内で起きているということ…

頻度は多くないですが、いつもひやひやしています

今回は電車と屋内で私の体験を分けてみました。

起こる場所① 電車の中の場合

まずは電車の中

電車で起こった時は5月や7月など比較的暑い時期でした。
電車の中で起きたときに共通していたのは、

  • 暑い環境
  • 20分以上立ちっぱなし
  • ウエストなどを締め付ける服装をしていた

ということです。

まず暑い環境、ということですがこれを聞いて「ん?」と思った方いらっしゃると思います。

確かに初めて迷走神経反射が起こった時11月だよね、と。

実際冬なのは冬なんですが、暖房がめちゃくちゃ効いていた部屋だったんですね。
それも暑い環境に共通していると思います。

冬は電車でこの症状が現れたことはまだありません。基本冬はダボっとした服を着ているのと、毎回ドアが開くたびに冷たい空気が入ってくるため大丈夫だったのかもしれません。

また電車で起こった時はいつも満員電車でずっと立たなければいけない環境なんですね。

もちろん症状が現れると立つことが出来ないので、自然にしゃがみ込んでいました。

だいたい症状が現れたのが20分ほど立ち続けたときでした。

そのほか、この迷走神経反射内臓と血液の流れが大きく関係しています。

これが現れたときは毎回ウエストをきつく締めるスカートもしくはパンツをはいていたんですね。

これが原因ではないかと考えます。

ココに注意

コルセットや着圧タイプのスパッツなどを身に着けていた時でした…

また満員電車というストレスも関係していると思います。
おそらく初めて塾で症状が現れたときも、
慣れない環境で初めて1日過ごさなければいけないというストレスから来ていたのだと思います。

起こる場所② 屋内での場合

お次は屋内で起きたときです。

屋内で発生するときも

  • ウエストを締め付ける服装
  • 脂っこい食べ物をたくさん食べる
  • 暑い環境

が共通していました。

服装については上記と同じですが、脂っこい食べ物…何食べたんですか?って感じなんですが、実際私は

  • チャーハン
  • チーズフォンデュ
  • 豚骨ラーメン

これを食べたときに症状が起きたんです
1日で全部じゃないですよ!?(笑)

全部違う日に食べてます(笑)

屋内の場合は脂っこい食べ物×締め付ける服×暑い環境が揃うと高確率で症状が現れます。

こういう時って、たいてい友達と家や個室でご飯を食べている時なんですね。自然に空気が籠ってしまう時

迷走神経反射で現れる症状は?

迷走神経反射で起こる症状としては私の場合なので人によって変わると思いますが、

  • 目の前が緑色
  • めまい
  • 肩の急な重さ
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 大量の冷や汗
  • 体が火照る

などです。めちゃくちゃありますよね(笑)
これが毎回一気に襲うので、本当に私死ぬんじゃないかと思う時が何度もありました。

しんどすぎて電車から飛び出しホームのベンチに寝転がったときもあります

ただこの症状、
私の場合だんだんひどくなってピークに達したら一気に症状が引いていきます

ピークに達するまでが長いので本当にしんどいです。

迷走神経反射の改善方法と対策は?

この改善策はほとんどないと思いますが、
一番はストレスをためない生活を送ることだと思います。

私的に迷走神経反射はストレスにかなり結びついていると思います。

あとは暑い環境になるべくいないこと
締め付ける服装はなるべくしないことを心がけています。

脂っこい食べ物もゆったりした服を着ているときは比較的何も起こらないので、
やはり服装はかなり関係あるのかなと思います。

このおかげか、もうすぐで迷走神経反射が起こらなかった期間が1年を超えそうです…!(笑)

あともし、症状が起きてしまった場合!

なるべく座るか横になれる環境であれば横になりましょう

あと手足にギュッと力を入れると失神を防げるみたいなので、それをしましょう。

経験した人なら分かると思うんですが、
本当に失神するんじゃないかっていうぐらい意識遠のきそうになります。

そんで最悪寝ましょう!!これが一番落ち着きます。

一番は落ち着くことだと思ってます。

私は「あっ、やばい来た…」と思って焦ってしまうと余計にひどくなってしまいます。

なのでなるべく考えないようにし無心で遠くを見るようにしています。

さいごに

迷走神経反射、症状が起こると私今日で人生終わりなんじゃないかなっていつも思います。

この症状で悩んでいる人は本当に多いと思うのでたくさんの人と共有できたらうれしいです!

もしかしたら「それ迷走神経反射じゃないよ!」って言われる可能性ももちろんあるかと思いますが、

今は自分の症状に名前があるだけで少し安心している私もいます!

少しでもこの記事が役立つと幸いです!

このブログはアフィンガー5を使用しています

-大学生活

© 2021 はやしさんブログ