ブログ運営 大学生活

【稼げないって本当⁉】大学生が動画編集でアルバイト以上に稼ぐには? 仕事内容や案件の取り方、メリットなど

2021年4月7日

はやしさん
こんにちは、はやしです(@hayashisan67)

たまに友達と遊んだ時に撮った動画や写真にフィルターをかけたり、音楽をつけたり…

「あれ、意外と楽しいかも?」

そう思ったことはないでしょうか。

 

意外とInstagramTikTokで動画を撮って加工するのも動画編集と言えるので、

結構私たちは普段から動画編集をしてたりするんです実は…!

 

結論から言うと、

今めちゃくちゃ需要が伸びているので大学生が稼ぐのに動画編集はめちゃくちゃおすすめです

 

稼げないのはきちんと学ぶ順序を守っていないから

はやしさん
野球初心者がいきなりバッターボックスに放り出される感じ…!
それじゃ、やり方もちゃんとわかってないのに点数も取れないよね!

また、大学生の4年間は長いようで短いです。

意外と時間はあっという間に過ぎてしまいます。

 

それをアルバイトで1時間1000円の収益で縛られてしまうと、時間もお金もいくらあっても足りません。

思う存分友達と遊んだり勉強したり、旅行したりできる貴重な大学生活を送りたいですよね

  • そんな動画編集、どうやって学べばいいのか?
  • どんなソフトを使えばいいのか?
  • 案件はどこから取ればいいのか?

今回の記事はこのようなことを説明していきます!

この記事を読めば分かること

  • 在宅ワークをしたい人
  • 動画編集に興味がある人
  • 将来フリーランスになりたい人
  • アルバイトよりもお金を稼ぎたい人
  • 何かスキルを身に着けたい人

実際私の周りには動画編集を仕事としている子はかなり少なく、

インスタグラムなどで見ていると「めっちゃ上手だからやったらいいのに…」と思うこともちらほら

意外とあなたも動画編集の才能があるかもしれません

【このブログはアフィンガー5を使用しています】

AFINGER5の詳細はこちらから

 

もくじ

大学生にはアルバイトより動画編集で稼ぐのが良い理由

最初になぜ大学生にはアルバイトよりも動画編集で稼ぐのが良いのかを説明していきたいと思います。

 

自宅やカフェなど働く場所を自由に選ぶことができるから

まず1つ目の理由としては、自宅やカフェなど働く場所を自由に選ぶことができるからです。

 

アルバイト場所まで行くのに片道30分とかかけていませんか?

往復で考えると1時間です。

この1時間、自宅だと仕事の時間に充てることができますよね。

 

またスタバやコメダコーヒーなどで気軽に仕事をすることができます。

場所だけでなく、自分の好きな時間にコーヒーを飲みながら仕事をすることができるのも

この動画編集という仕事のいいところでもありますよね。

はやしさん
最近は学生専用のコワーキングスペースなどが増えてきているので、
そのような場所を利用するのもありですね!
私の家の近くのコワーキングスペースは大学生ならドリンクが何杯でも無料なのでめちゃくちゃ有効活用しています(笑)

 

就活に役立つスキルが身につくから

2つ目の理由は就活に役立つスキルが身につくから

 

え?ただ動画を編集することが就活に役立つの?

そう思っているかもしれませんが、実際、動画編集能力は今たくさんの企業が求めています。

 

というのも、YouTubeや自社サイトで自社の紹介動画商品紹介動画を作りたいんです。

 

ただ、みなさんお仕事をしているので、お仕事の合間に動画編集を勉強する…っていうのはなかなかできないものです。

なので外注しているんですね。

 

それを就活の時に『動画編集やってました』ということができればかなり強みになります。

はやしさん
今アルバイトしかしてなくてガクチカ無い…!!って焦っている人にもおすすめですよ

 

アルバイト以上に稼ぐことができるから

3つ目の理由はアルバイト以上に稼ぐことができるから

 

普段の私たちのアルバイトの時給はいくらでしょうか?

あなたの地域にもよりますが、大体900円~1000円ぐらいですよね。

 

大学もありますし、1日5時間働いたとして、それが週4だった場合、

多くても8万円…

ただ、なかなかこの金額を稼いでいる人はいないですし、

何よりめちゃくちゃしんどいです。

はやしさん
一か月で11万稼いだ時は疲れすぎてやばかったです…

体力的にも精神的にもアルバイトばかりはかなりしんどいです。

 

逆に動画編集だとビックリすることに時給が3000円とかになってきます。

というのも、動画編集は1本当たりの値段で換算されるから

 

もしあなたが1本一万円の動画を3時間で終わらせたとすれば、

時給は3000円越えですよね。

 

また、相手と月5本契約などをすれば、毎月5万円が入ってくる…という計算になります。

これはほんの例ですが、やり方によってはアルバイト以上に稼ぐことができるということが分かりますよね。

実際、動画編集でサラリーマン並みに稼いでいる大学生も当たり前に存在します

 

めちゃくちゃ楽しい+仕事感があまりない

4つ目の理由はめちゃくちゃ楽しい&仕事感があまりないということ。

 

確かに学生であっても受け持つ仕事に責任を持つことは当たり前だけど、

ここで言いたいのが、やらされている感よりも自分からやっている感が圧倒的に強いということ

 

多くの学生はお金のために渋々アルバイトをやっている人が多いと思うんだけど、

自ら動画編集をやろう!と決めれば、実はめちゃくちゃ楽しかったりする。

それは、じぶんから進んで行っているから

 

だから、私たちがアルバイトなどで感じる仕事感は動画編集ではあまり感じないです。

インスタで写真加工したり、動画撮ったりするのすごく楽しいですよね。

 

それが仕事になると考えたらわくわくしてきませんか?

 

自分の可能性をどんどん伸ばせるから

5つ目の理由は自分の可能性をどんどん伸ばせるから

 

自分には才能が無い、他人に言えるような特技が無いと思っていませんか?

それ、まだ気づいてないだけかもしれません。

 

動画編集、やってみたら意外と面白いじゃん…!とあなたが思う可能性、十分にあります。

やってみないと分かりません。

動画編集に必要なものは?センスは必要?

動画編集に必要なものは基本的にPCのみ!

あとはAdobeなどの動画編集ソフトを入れるだけで動画編集を行うことができます。

 

動画の素材はクライアントが持っている場合が多いので、

自分の動画を編集するとき以外は動画素材はいらないでしょう。

 

ちなみにおススメの動画編集ソフト

初心者向け

adobe premiere elements

GOM Mix Pro


 

中級者~向け

Filmora9

Bandicut



VideoProc



 

どれも無料版がありますが、やはりよりいい動画を作るのであれば、

少しでもお金をかけた方が質の高い動画を作成することができます。

 

また、必要と思われがちなセンスについてですが、

実は必要ありません

多くの動画編集者やスクールが言っていますが、実は必要ないんです。

 

こういう配置で、こういうフォントが良いなど結構決まっていたりするので

はじめはそれを真似していけばいいのです。

 

慣れてきたら、自分の味を少しづつ出していけばいいかもしれませんね。

 

動画編集はどこで勉強すればいい?おすすめの学習方法は?

じゃあどこで動画編集を勉強すのかに話が移っていきますね。

確かに勉強の仕方はたくさんありますが、自分に一番ピンとくるものを選ぶのが良いです。

 

YouTube

おススメの学習方法1つ目はYouTubeで勉強するということです。

 

リット

YouTubeで動画編集を勉強するメリットとしては、

まずYouTube自体が動画なので解説がとても分かりやすいということ。

また、動画編集者の生活や年収事情などの小ネタも見ることができます。

YouTubeには検索機能があるので、目的に合わせて動画を探すことができますよね。

 

デメリット

やはり通常のGoogleでの検索と同じく、人気な動画しか上位に上がってきません

それゆえ、全く関係のない動画が検索結果にたくさん出てきます。

また、動画の途中で出てくる広告がかなり面倒です。

スムーズに動画編集の流れを見ることができないという点においてはデメリットと言えるでしょう。

 

書籍

2つ目は書籍で勉強する方法です。

 

メリット

書籍で勉強するメリットとしては、本によって難しさが選べるということ

様々な本が出版されているので、本屋さんで中を読んだり、口コミを見てから購入してみるのが良いでしょう。

 

また書籍自体はすごく安いのでリーズナブルに学びたいときも良いですし、

通信制限を気にせずに学べるのも良いですね。

 

デメリット

書籍での学習のデメリットはやはり文字と図だけということ。

これではやっぱり実際の動かし方がわからないので、初心者の人には少し難しいかもしれません

 

また、本を買ったら満足して終わり…という場合もあるので、そのような傾向のある人はあまり書籍を買うことはお勧めできません。

 

動画編集スクール

3つ目は動画編集スクールで勉強する方法です。

 

メリット

やっぱり一から正しい順序で教えてもらうことができ、

稼げる動画編集者になる最短ルートを教えてもらえることができます。

 

またサポートが付いているスクールが最近増えているので、分からないところがあればいつでも聞くことができるのが良いですね。

短い時間で分からないことをすぐに解決したい人は動画編集スクールがおすすめです。

 

デメリット

やはりデメリットというと、少しお金がかかってしまうということ

スクールによっては大学生にとって少し金銭面できつい…!というものも存在しますが、

スキルをつけて後から回収できると考えれば十分な金額でもあります。

また月額で分割支払いができるのもお財布に優しいですね。

 

Webサイト

最後はwebサイトで勉強する方法です。

 

メリット

Webサイトで動画編集を勉強するメリットはやはり、検索すると分からないことがすぐにわかるということ

Googleには膨大な情報があるので、問題解決にはピッタリです。

 

また、動画編集の仕方やコツを紹介しているブログやサイトは似たコンテンツを沢山発信しているので、

お気に入りのサイトを見つけることもできます。

 

デメリット

やはりWebサイトも書籍同様、ほとんどが文字と図での解説です。

なので、実際どのように動かすのかがいまいち分からないと感じることもあるでしょう。

 

ただ、ブロガーさんたちはかなりかみ砕いて説明してくれているので、

書籍よりは分かりやすいのではないかなと思います。

 

案件の獲得の仕方、見つけ方、探し方は?

じゃあどうやって案件を獲得すればいいのか?

いくつか方法はありますが、今回はその中でも3つご紹介します。

 

クラウドワークスで動画編集の案件を獲得する

1つ目の方法はクラウドワークス見つける方法。

副業やちょっとしたおこずかい稼ぎ、フリーランスの方にも利用されているクラウドワークスですが、

年々動画編集の案件も増えているので、一番簡単に案件を見つけるのであればここが最適です。

2021年4月6日現在は約400件の募集がありました。

ほとんどの募集がYouTubeの動画編集ですが、最初はここから案件を獲得していきましょう。

クラウドワークスに登録する【無料】

 

動画編集の案件を募集している専用サイトに登録する

2つ目の方法は動画編集の案件を募集している専用サイトに登録することです。

 

もちろんクラウドワークスでも案件を獲得することができますが、

案件の種類が多く、たくさん案件数があるのに対して単価も少し安めが多いです。

 

なので、クラウドワークスの他に案件を募集している専用のサイトに登録しておきましょう

 

クラウドワークスは本当にちょっとしたおこずかい稼ぎをしたい人にも向けた案件がありますが、

もう少し高い案件を獲得したい人はレバテックフリーランスフリーランススタートに登録しておきましょう。

 

案件は1つのサービスからではなく、複数のサービスから探せば自分の獲得できる案件を増やすことができます。

 

自ら営業をする(動画編集させてもらえないか直接提案をする)

3つ目は自ら営業をして案件を取りに行く方法です。

 

例えば、あなたには好きなYouTuberさんがいるとします。

その人が、だんだんと人気になってきて、撮影のほうに集中したい…!

 

そう思ったら彼らは動画編集者を間違いなく探しています。

彼らのインスタのストーリーとかを見て動画編集を自ら行っているのであればめちゃくちゃチャンスです。

 

良ければ1本○○〇〇円で動画編集させていただけませんか?」

と聞いてみましょう。

 

運が良ければ返信がもらえ、専属の動画編集者になれます。

 

また、自身でそのような方たちや小さな企業にTwitterやインスタグラムなどでコンタクトを取るのも一つの手です。

最初は相手にされないかもしれませんが、

少しづつ実績をつけていくことでお仕事をもらえるようになっていきます。

 

また、自分のTwitterやYouTubeのアカウントにいままでの経歴や実績を載せておくのも
案件をもらえる手段の一つとなるので、必ず記入をしておきましょう。

 

動画編集についての情報はどこで集めればいい?

今のネットではたくさんの情報があふれていますよね。

基本的に動画編集についての情報はどこで集めればいいのかピックアップしてみました。

  • Twitter
  • YouTube
  • Webサイト
  • Instagram

特にこの4つがおすすめです。

 

Twitter

まずはTwitter

 

Twitterはご存じの方も多いかとは思いますが、

結構有名な方は有益なツイートをめちゃくちゃされています。

しかも結構更新頻度高めです。

 

もらえる情報はここからどんどん拾っていきましょう。

また、ここがいろんな動画編集者さんとの基本的な交流の場でもあります。

 

意見交換をしたり、分からないことを教えてもらったり、

励ましあったり…!(一人でやるとくじけることが多いです)

ツイッターはかなり暖かい場所なので、専用アカウントを一つ作っておくと良いでしょう。

 

YouTube

YouTubeはもう動画編集にとっては絶好の情報の場です。

なにしろYouTubeは動画であり、動画ですべてのやり方などを公開してくれているから

 

またYouTuberさんたちも再生回数をの伸ばそうと頑張っているので、

新しい情報も取得することが可能です。

 

すべての手順も動画で分かりやすく紹介されているので、

より分かりやすい情報が欲しい方はYouTubeがおすすめです。

 

Webサイト

Webサイトは文字だけの情報ですが、

じっくりと自分の目で追いながら情報を得たい人にはかなり適しています。

 

また、Webサイトのほうが関連した情報がたくさん表示されるので、

そういった合わせて得られる情報も多いです。

 

後ほど紹介しますが、YouTubeチャンネル登録者数が30万人を超える佐原 まいさん運営されているブログはかなり詳しく動画編集についての情報が記事として公開されています。

 

Instagram

意外とインスタグラムもかなり重要な情報源です。

 

今インスタグラムでは文面での投稿のほかにリールでの解説がたくさんあります。

また、インスタグラムでは発信できる量の限界やリールの時間にも制限があるので

発信者はできるだけ分かりやすいコンテンツを配信しようとします。

 

つまり

短い時間や少ない投稿でたくさんの情報が詰まっているんです!

 

Twitterは最新情報がゲットしやすく交流も盛んですがその分情報が流れやすいです。

逆にインスタグラムはストック型で作成にも時間がかかるので、

交流が少ない分、情報の塊と言えます。

 

上手くTwitterとインスタグラムを活用すると良いですね。

 

実際どのような大学生が動画編集を行っているのか?

やっぱ動画編集ってなるとそういった専門の大学や学部の人なんでしょ…

そう思って諦めちゃいそうですよね。

 

も待ってください!

実はそうでもないんです。

 

動画編集ってそういう風に専門的に習っている人だけじゃなくて本当にいろんな大学生が行っています。

例えば本当にパソコンにも一切触ったことなかったような文学部の子や、スポーツ系の学部の子など。

 

逆にそういった子たちのほうが今大学で習っている専門分野+動画編集ができるようになるので、

むしろ強みになるんです。

 

あなたが今勉強していることも動画編集と組み合わせれば相乗効果は絶大です。

Twitterでもこのような意見がたくさんあります。

最短一か月で稼げる動画編集者になるための近道とは?

やっぱり早く稼ぎたい!スキルを早く身に着けたいっていうのが本心ですよね。

独学ももちろん大切ですが、早く稼ぐ!早くスキルを身に着けるとなると
やはり教えてもらうというのが一番の近道です。

 

独学で1から学ぼうとすると案件を獲得できるようになるまでに
かなりの時間と膨大な情報量に逆にやる気がそがれてしまう場合があります。

 

私も初めからこうしておけば収益化が早かったのになあ早かったのになあと思うことが何度も…

それこそ先ほどちらっとWebサイトの時に紹介した佐原 まいさんのYouTubeなんかを見るのがおすすめ。

https://www.youtube.com/channel/UCMd5Oj_Ek_jN45XKHqO30Hw/featured

とても分かりやすくて、さすが登録者数30万人いるだけあるなあ…と感心してしまいます。

 

もちろんYouTubeだけでもめちゃくちゃ有益ですが、

やっぱり隠された情報もたくさんありますし、直接サポートをしてほしい…

 

本当に動画編集を学びたい!っということであれば、佐原さんが開講しているオンライン講座に参加してみましょう。

隙間時間に見れるようすべての講座が1時間で、初心者向けの分かりやすさをロジック(論理的)で解説してくれているので

1ヵ月で稼げる動画編集者になれるのも納得です。

佐原まいさんの動画編集スクールの詳細はこちら

 

動画編集スクールってどうなの?

今さらっと佐原まいさんの動画編集スクールを紹介しましたが、

動画編集スクールってどうなの?』

という感じですよね…

 

何だか実際に習いに行くわけでは無いから怪しい…っていう感じですが、

そうですね、何と似ているかを簡単に言うとスタディサプリなどのオンライン英会話に似ています。

これらは英語をオンラインで習いますが、

動画編集スクールでは動画編集をオンラインで習います。

そう考えるとかなり不安要素は減りますよね。

 

昔はネット上に悪質なスクールや詐欺のような講座がかなり多かったので

『怪しい…』といったイメージが今は残りがちですが、

今は逆にネットやSNSでたくさんの人が口コミや評価を投稿しています。

 

また、佐原さんのようなYouTubeなどで有名な人が詐欺まがいなスクールを出してしまうと一気に炎上してしまいますよね…

 

なのでそういった怪しい講座やスクールなどはだんだんと少なくなってきています。

また、ちゃんとスキルを習得し早く結果を出したいという人は動画編集スクールを受けてみるというのも一つの手段です。

着実に1から動画編集を学びたい人は登録者数30万人の佐原まいさんのオンラインスクール・CREATERS JAPAN



CREATERS JAPANの動画編集スクールの詳細はこちら

動画編集以外にもいろんなWeb上でできる仕事をしてみたい人はSHElikes【女性向け】



SHElikesのホームページはこちら

YouTube向けのより実践に力を入れたい人は動画編集スクールMovieHacks



MovieHacksHacksのHPはこちら

スクールの口コミ

 

 

さいごに

今回は大学生のアルバイトよりも動画編集をしようという!というお話でした。

コロナもあり、家の中でできる働き方を求めているのは社会人だけではありません。

今一度、あなたの生活を見直してみませんか?

このブログはアフィンガー5を使用しています

-ブログ運営, 大学生活

© 2021 はやしさんブログ